【クラシックで音楽事務所に就職できる?】音大生の就職前線!

子供の習いごとランキングの上位にいつも君臨しているのが「ピアノ」です。

音楽のある暮らしは良いですよね。暮らしにゆとりが生まれます。

ピアノの習い事をきっかけに、本格的に音楽を学ばれる方や音大に進まれる方も沢山いらっしゃいますよね。

そんな音楽に真剣に向き合ってきた音大生の卒業後の就職について、今回はスポットを当ててみたいと思います。

やっぱり厳しい演奏家という職業

クラシック界の就職として、真っ先に思い浮かべるのが演奏家という職業です。

演奏家は音大生なら誰もが憧れる職業でありますが、とても狭き門であるのが現実です。

音大を首席で卒業しても、大学院に進学しても、海外に留学したとしても必ずなれるわけではなく、非常に厳しい道です。

プロの演奏家であってもそれだけで生活できる人は一握りで、他に副業をされている方が多いのが事実です。

その副業でも例えば音大の教員であれば、成功と捉える音大生がほとんどですが、それも空きがなければなることができないので、現実的に難しいようです。

そうなると、次に音大生が考えるのは、アルバイトをしながら演奏家の道を模索するという方法です。

実は演奏をするという仕事は収入や客層を選ばなければいくつかの選択肢があり、例えば結婚式、お葬式、学校等の鑑賞教室、パーティ会場、クラブやバー等が挙げられます。

アルバイトをしながらですので、生活はあまり余裕がないですし、練習時間も削られてしまう可能性があるので、やはり厳しい道であることにはプロの演奏家同様変わりません。

他の仕事を考えた時に、実は音楽大学を卒業することによって得られる資格というものはなく、もし何か資格を考えた時には、学校の授業や専門の実技と並行して学ばなければならないのです。

音楽が好きで専門の道に進んでも、卒業後は計画性を持たなければ道が開かれません。

それでは、演奏家以外ではどのような道があるのか探っていきます。

実は色々ある音楽事務所の分野

音楽事務所と聞くと大抵の方は、ボイストレーニングや楽器や他のレッスンにかかる費用を負担して育ててくれて、コンサートなどの様々な活動をプロデュースしてくれる事をイメージするのではないでしょうか。

でも、音楽事務所と一口で言っても実は他にも色々な分野があります。

  • レセプショニスト
  • チケットセンター
  • 演奏家の派遣

次項では、色々ある音楽事務所の分野から上記3つの仕事を説明していきます。

 レセプショニストの仕事を扱う会社

一つ目に挙げたのが劇場を扱う音楽事務所です。
これを「レセプショニスト」と言います。

劇場の案内係のお仕事が業務内容で、お席や各設備へのご案内やアナウンス、クローク等と多岐に渡ります。

このお仕事の勤務体系はアルバイトがメインですが、契約社員や正社員を募集していることがあります。

チケットセンターの仕事

次に挙げたいのがチケットセンターです。

その名の通り公演のチケットを取り扱うお仕事ですが、クラシックのみならず色々なジャンルの公演を網羅していることがほとんどです。

それぞれチケットセンター専門のチケット手配システムを導入していて、この操作を覚え、空席を調べていきます。

こちらもアルバイトがメインで、時々契約社員や正社員を募集しています。

演奏家を派遣する会社

三つ目に挙げたいのが、演奏家を派遣する会社です。

演奏家を各現場に派遣するお仕事なのですが、今特に需要があるのが、お葬式のセレモニープレイヤーです。

セレモニープレイヤーになるには、音大生位のレベルか、ヤマハの資格が求められます。

勤務体系は、演奏家はアルバイトがメインであるのに対し、派遣を手配する社員は正社員であることが多いです。

このように音楽事務所にも種類があり、その時の募集の状況や自分の専門領域によって選択肢が変わってくるでしょう。

音楽事務所以外の就職先とは?

その他、音楽事務所以外の職業について触れていきます。

音楽事務所以外にも音楽に携われる職業があり、その代表格に小中高の教員が挙げられます。

この職業を選ぶにはまず、大学在学中に教員養成課程を受講するか、もしくは卒業後に通信制大学に入学して教員養成課程を修了する必要があります。

また公立でしたら、各自治体の教員採用試験を、私立や国立でしたら各学校ごとの採用試験を受けることになります。

ただ、音大生は中高の教員希望者が多く、小学校よりも採用が難しい状況です。

就職活動を控えた音大生へ

音大生の方々は少なからずも就職の壁にぶつかることがあるでしょう。

しかしそこで、音大生だという引け目を感じたり、劣等感を感じることはないのです。

音大生は、今まで生活のほとんどを音楽に傾けてきたというエネルギーがありますし、曲を仕上げるために血の滲むような努力をすることができ、忍耐力があります。

ぜひその長所を活かし、長期的な展望で将来を見据えて頂きたいと心から願います。