ダニ刺され跡?!市販薬で処置する場合の方法と刺すダニの特徴と症状

ふとした時に見つける赤い斑点。
蚊に刺されたの?もしかして・・・ダニ?
ダニに刺されるとどうなるのか心配、どういう症状が出るの?そういった人のために、刺すダニの特徴とどういった症状が出るのかをまとめました。

刺すダニの種類と特徴

ダニは世界に2万種以上生息しており、そのうち日本には2,000種ほどが生息していると言われています。そんな数の多いダニですが、主に人を刺すダニは下記の3種類です。

人を刺すダニ
・ツメダニ
・イエダニ
・マダニ

ツメダニ

ツメダニは主に家の中に生息しており、梅雨時から秋口にかけて繁殖します。
そして、湿度が高く湿った場所を好むため、畳やカーペットなどに潜みます。

積極的に人を刺すダニではないのですが、大量に繁殖すると人を刺すことがあります。

ツメダニの体長は0.3~08㎜ほどで、イエダニやマダニに比べると小さいです。

また、コナダニやチリダニといったほかのダニを捕食します。つまり、コナダニやチリダニが増えるとツメダニも増えるということになります。

イエダニ

イエダニはネズミなどの血を吸います。
そのため、ネズミが家に出る人は要注意です。
ネズミがいなくても、餌を求めて人の血を吸うこともあります。
繁殖時期は6月~9月の比較的湿度が高い季節になります。
イエダニは肌の柔らかい部分から血を吸い、血を吸うと赤黒くなります。
体長は0.6~1.0㎜と肉眼で確認できるほどです。

マダニ

マダニは山や草地、さらには公園にも生息していて、ほぼ1年を通して見られます。
体長は1.0~4.0㎜と肉眼で確認できる大きさで、血を吸うとより大きくなり1㎝ほどになります。

さらに、マダニは一度吸うと1週間ほど吸い続けるものもいたり、血を吸うだけでなく感染症を媒介するため大変危険です。

ほおっておいてマダニが血を吸い続けると、膨大し500円玉程に大きくなるケースもあります。

ダニ刺されによって起こる症状

ダニに刺されると主にかゆみの症状が出ますが、ダニによってその症状は変わってきます。

ツメダニ

ツメダニでは刺された患部が赤くなり、数時間から2日ほどで酷いかゆみの症状が出てきます。その症状は約1週間続きます。
また、ツメダニの唾液によって炎症が引き起こされることもあります。

イエダニ

イエダニに刺されると、直ぐにかゆくなることもあれば、1日以上経ってからかゆくなることもあります。患部は赤くなり、水泡ができることもあります。
かゆみの症状は数日間続くこともあり、非常に強いです。
かきむしってしまうと、そこから細菌感染を引き起こしてしまう可能性もあります。

マダニ

マダニに刺されると患部は赤く腫れあがり、かゆみを伴うこともあります。
しかし、マダニの恐ろしさは感染症にあります。
重症熱性血小板減少症候群(SFTS)や日本紅斑熱、ライム病といった病気に感染する可能性があります。
全てのマダニがこのような感染症を媒介しているわけではありません。
ですが、自分でピンセットなど使用し無理に取り除こうとせず、すぐに病院に行きましょう。
無理に取り除こうとすると、牙などが残ってしまいます。

市販薬で跡は消せるの?

ダニに刺されると跡が残ってしまうことがありますが、皮膚科に行けない場合は自分で刺された跡を消す方法にはいくつかあります。

病院に行って薬を処方してもらう方法が一番なのですが、忙しくて行くことができない場合は市販薬を使用する場合もあるでしょう。

市販薬を使用する場合は刺されて直ぐの、まだ患部が赤くなっている時に使用することが一番大切です。
塗る前に患部を水で洗い流して清潔にしてください。

使用する薬はステロイド系のものがお勧めです。
ステロイドといっても、用法用量をきちんと守れば怖くありません。
刺された場所を掻いてしまうことで跡が残ってしまいます。そこで、跡にならないようにするには、ダニに刺された患部を水で洗い流しましょう。

そうすることで菌や毒素が体内に入ることを防げます。
そして、患部を掻かないように絆創膏やガーゼで覆ってしましましょう。
掻けなくしてしまうことが大切です。

まとめ

ダニに刺されてしまうと激しいかゆみに襲われてしまいます。
そうならないためにも、家の中のダニが潜んでいそうな場所を清潔にしましょう。
また、山などのダニがいそうな場所に行くときは長袖を着るようにし刺されないようにすることが大切です。もし刺されてしまっても、慌てずに病院に行くようにしてください。