【猫背は背筋で治る!?】背筋力が弱い人への原因と鍛え方の筋トレ

皆さんは猫背で悩んでいませんか?
猫背だと見た目も悪いですし、健康面でもあまりいいことはありませんし実年齢より老けて見られてしまいます。

では、猫背はどうすれば改善されるのでしょうか?猫背の原因や仕組みその改善方法をまとめました。

猫背になる原因

猫背になる原因として多くの人が筋力不足を思い浮かべると思います。
確かに、筋力不足は原因の一つです。ただ単に筋力が足りないだけではなく、柔軟性の衰えも原因となります。しかし、筋力だけが猫背の原因ではありません。

デスクワーク

私たちの生活の中で行っている行動には猫背になる原因が沢山あります。

その一つとしてもっとも多く聞かれるのはデスクワークです。
仕事柄一日中机に向かってパソコンと睨めっこをしている方も多いと思いますが、デスクワークでの姿勢は背中が丸まりがちで猫背になりやすいです。


その姿勢のまま作業を続けていると、その姿勢が癖になってしまいます。

座り姿勢

椅子に座るときに浅く腰掛けて、背もたれにもたれかかる人がいると思いますが、それも良くありません。この姿勢は楽かもしれません。

しかし、これを続けていると姿勢を維持するために必要な筋肉を使わないので、筋力が衰えてしまいます。その結果、猫背になりやすくなってしまいます。

スマホ

今はほとんどの人がスマホを使いますが、使っている時の姿勢も猫背の原因の一つです。スマホを使う時、多くの人は猫背になっています。この姿勢のまま長時間いれば、必然的に猫背になってしまいます。

ネガティブ

ネガティブな性格をしていると、顔が下を向く回数も多くなります。また、背中が丸まっていることも多いため猫背になりやすいです。

猫背によるデメリット

猫背になると、見た目が悪くなります。姿勢が悪いと老けて見られるだけでなく、疲れた感じややる気がないよう見られてしまいます。さらに、猫背だとお腹を突き出すような姿勢になってしまい、太って見られてしまいます。しかし、猫背のデメリットはこれだけではありません。

肩こり・首こり

猫背になると頭が前に出てしまい、首まわりの筋肉に過度な負担がかかってしまいます。そうすると血行も悪くなり、肩こりや首こりになってしまいます。こりの影響から頭痛が引き起こされることもあります。

腰痛

猫背になると腰回りの筋肉に負担がかかり、骨盤が歪んでしまうこともあります。すると、腰痛になってしまうのです。

自律神経の圧迫

猫背の状態では自律神経を圧迫してしまいます。自律神経が圧迫されると、バランスが崩れてしまいます。そうすると頭痛や吐き気といったものから、注意力や集中力の低下などが引き起こされます。

さらに、うつ病や自律神経失調症といった病にもかかってしまいます。

猫背を改善するには

ここまで、猫背の原因とどのような症状が起きるかについて書いてきました。では、猫背を改善するにはどうすればよいのでしょうか。猫背改善方法をいくつか紹介します。

ストレッチ

ストレッチをすることで筋肉をほぐし、猫背改善につながります。簡単な方法としては、ストレッチポールがおすすめです。ストレッチポールは背中につけてゴロゴロするだけで、手軽にストレッチができます。また、肩こり解消にも効果的です。

正しい姿勢を心掛ける

猫背を改善するには、日常的に正しい姿勢をキープすることが大切です。そのためには、正しい姿勢を知っておきましょう。正しい姿勢は床に膝をついて膝立ちをすることで分かります。

この姿勢をすると、足の裏よりも体幹に近いので綺麗な姿勢になり、自然に安定した状態になるので疲れません。

姿勢が悪い方は姿勢を正そうとすると正しい姿勢が分からないので腰が反ってしまったり不自然な姿勢になってしまったりします。

姿勢が悪いと感じたら日頃からこの姿勢を心掛け正しい姿勢を思い出しましょう。

筋肉を鍛える

筋肉を鍛えることで、姿勢を維持するサポートの役割を果たします。しかし、猫背の状態でいきなり筋肉を酷使すると、ケガをしてしまうため無理はしないようにしましょう。筋肉は主にインナーマッスルや胸筋を鍛えるようにしましょう。

インナーマッスルを鍛えることで体幹を鍛えることにも繋がります。胸筋は鍛えすぎると猫背の原因となってしまうこともあるので、ストレッチ程度でいいかもしれません。

まとめ

猫背は筋肉の衰えだけが原因ではないことが分かりました。やみくもに筋肉を鍛えるだけでなく、正しい姿勢を知りストレッチもきちんとすることで猫背改善により効果的になるようですね。猫背で困っている人はぜひやってみてください。